平成30年9月11日大阪PAL研究会は事業承継税制です。

次回の大阪PAL研究会の早朝勉強会は平成30年9月11日です。
 午前6:45~7:45の予定です。
 講師は松尾潤税理士で、テーマは『会社を継ぐなら今から10年。税金ゼロの特例制度』~事業承継税制~
 自社株の相続や贈与による相続税等の負担をゼロにすることで、中小企業の事業承継をより円滑に行うために、平成30年の税制改正で事業承継税制の特例が設けられました
 今回の改正点や、手続、減免の要件等について解り易く解説していただきます。
 中小企業の経営者はもちろん、経営者に関わる士業にとって、是非とも共有するべき重要な制度であると思われます。
 改正前の制度では、事業承継後の従業員が従前の80%を切れば、減免が打ち切られることとなっていましたが、今回の改正では80%を切っても行政に対して報告義務が課されるだけで打ち切りの対象とはなりません。
 改正前の制度では、上記の規制によって、事業承継税制が使いにくいという理由により、株価を減少させるために怪しげなスキームが横行していましたが、特例制度ができたことにより、おかしなコンサルタントが怪しげな株価押し下げ策を提案する必要性自体がなくなり、健全で税負担のない事業承継を実現することができりるようになりました。(文責:白木智巳)
180911大阪PAL研 松尾潤先生 事業承継税制 チラシ

コメント


認証コード6461

コメントは管理者の承認後に表示されます。